収入がなくても借り入れ可能


収入がなくても借り入れ可能か?

金融機関でお金を借りようと思う場合、申し込み条件を見るとたいて「本人に安定継続した収入がある」というのがあります。また、但し書きの中に、「自分に収入のない専業主婦も配偶者に安定した収入があれば申し込める」というふうに書かれている場合もあります。

 

また、自分に収入のない学生さんでも仕送りなどで毎月一定のお金が入るのなら申し込みができるところもあります。年金収入のもの方に融資する金融機関もあります。 ですから、自分に収入が無い専業主婦の場合でも借入が可能です。銀行のカードローンなら、本人確認書類を提出すれば契約ができます。銀行のカードローンで専業主婦にも貸し付けをしているのは、楽天銀行、じぶん銀行、三菱東京UFJ銀行などのローンです。ただし、専業主婦の限度額は10万円、30万円、50万円程度と低く設定されています。

女性03

専業主婦は消費者金融からも借入ができます。ただし、借入先が限られます。消費者金融は総量規制により借り手の年収の3分の1までしか融資ができないことになっていますが、総量規制の例外に「配偶者の年収と合わせた額の3分の1以下の貸付」はできることになっているので、配偶者に安定した収入がれば、専業主婦の方も申し込みができます

 

ただひ、その際、配偶者の同意書と婚姻関係を証明する書類の提出が必要になります。大手の消費者金融はこうした事務処理にかかる手間とコストを省くため専業主婦には貸し付けをしていません。それで、収入がない専業主婦が、消費者金融から借りる場合は、中小のレディースローンを利用することになります

 

ただし、主婦を狙った闇金も多いので、消費者金融を選ぶ時には、信頼できる業者を選んでください。主婦や学生等数万円のお金を借りたいと思っている人たちを闇金は狙っています。闇金から数万借りただけでも、返済は数百万円になることがあります。ですから、甘い言葉にのせられて闇金に手を出すことが無いよう十分気を付けてください。

バナー01

サイト執筆者

運営者

当サイト管理人の吉永由香里です。当サイトでは、主婦でも利用できるカードローンや、利用するにあたっての基礎情報などを掲載しています。

管理人のプロフィールはこちら