消費者金融 審査


消費者金融の審査とは?

どこの金融機関からお金を借りるにしても必ず審査があります。 消費者金融からの借入の場合も同じです。審査は借り手の返済能力や信用性を確認するためのもので、貸す方としては非常に重要な段階です。

携帯見る

消費者金融の審査は銀行の審査に比べると緩くなっています。ただ、銀行系の消費者金融はそうでない消費者金融よりも審査が厳しくなっています。中小の消費者金融なら借入先がかなりあっても審査に通ることがあります。

 

ただし、消費者金融は総量規制のもとで貸付を行うので、既に年収の3分の1の借入残高がある人が申し込んでも審査には通りません。どれくらいの借入残高があり、借入件数は何件かということは各消費者金融が会員となっている信用調査機関に照会することで知ることができます。ですから、借入総額や借入件数は正直に書く必要があります。嘘を書くと審査に通りません。

 

消費者金融の審査は、まず、申し込みフォームに必要事項を入力して送信すると自動的に審査が行われます。これが仮審査で仮審査に通ると本人確認書類を送り問題が無ければ借入ができます。

 

審査のポイントとなるのは年齢や職業、勤務先、勤続年数、雇用形態、住居、今までの借入状況等です

 

職業は安定した収入が得られる職業、勤務先も安定し実績のある企業ならポイントは高くなります。雇用形態は正社員なら最も評価が高くなりますが、パートやアルバイトの方でも勤続年数が長く、安定した収入があれば審査に通る可能性があります。住居は持ち家で、居住年数が長く、住宅ローンもなければポイントが高くなります。

 

賃貸の場合は、居住年数が長いほうが、短い場合よりも有利です。 現在までの借入状況に関しては以前に債務整理や延滞の記録が残っていると審査に通るのは難しいです。借入件数は、中小の消費者金融であれば5〜6件あっても審査に通ることがあります。専業主婦も借入ができるレディースローンもあり、その場合は、配偶者の同意書と婚姻関係を証明する書類を提出すれば、借入が可能です。

バナー01

サイト執筆者

運営者

当サイト管理人の吉永由香里です。当サイトでは、主婦でも利用できるカードローンや、利用するにあたっての基礎情報などを掲載しています。

管理人のプロフィールはこちら