専業主婦 消費者金融


消費者金融のカードローンと銀行カードローンの違い

お金を貸してくれる金融機関には銀行や消費者金融等がありますね。消費者金融のカードローンと銀行カードローンにはどんな違いがあるのでしょうか? まず1つは、消費者金融は貸金業者なので貸金業法に基づいてお金を貸しますが、銀行は貸金業者ではないので、貸金業法ではなく銀行法に基づいてお金を貸すということです。

 

貸金業法には総量規制というのがあって、借入申込者の年収の3分の1までしか貸付が行えません。ですから、既に借入残高が年収の3分の1に達していれば新たに消費者金融のカードローンを利用して借入をすることはできません。それに対して銀行カードローンは総量規制は適用されないので、既に年収の3分の1に当たる借入金があったとしても、銀行カードローンに申し込み借入をすることが可能です。

 

女性02

また、銀行カードローンの場合は、限度額が100万円以下あるいは200万円以下であれば収入証明書を提出する必要もありません。それに対し、消費者金融からお金を借りる場合、1社からの借入残高が50万円を超える場合、あるいは他の貸金業者を含めた総借入額が100万 円を超える貸付場合には、収入を明らかにする書類を提出する必要があります。

 

それから、消費者金融のカードローンも銀行カードローンも専業主婦にも貸し付けをするところがありますが、銀行カードローンは本人確認証だけで契約ができますが、消費者金融の場合は、配偶者の同意書と婚姻関係を証明する書類の提出が必要になります。

 

また、消費者金融のカードローンと銀行カードローンのもっとも大きな違いは金利です。銀行のカードローンは金利が低いので返済負担を軽減できます。実質年率は各銀行によって異なりますが4.9〜14.5%というところもあります。それに対し、消費者金融の場合は4.7〜18.0%とか9.5〜18.0%などとなっています。

ただ、銀行カードローンは金利が低い分消費者金融よりも審査が厳しくなっています。もし、審査に不安が無ければ銀行のカードローンを利用した方が、金利が低いのでお財布には優しいですね。

バナー01

サイト執筆者

運営者

当サイト管理人の吉永由香里です。当サイトでは、主婦でも利用できるカードローンや、利用するにあたっての基礎情報などを掲載しています。

管理人のプロフィールはこちら